そういえばポジポジ病がなくなった

ふと思えばポジポジ病が無くなった。

以前は株を買いたくて買いたくてしょうがなかったが、最近は落ち着いている。

ポジポジ病=フルポジ病

メリットは言わずもがな、株価上昇時には最大リターンをたたき出してくれること。

逆を言えば、下落時には大ダメージを食らうし、株価割安の時に攻めの逆張り投資ができなくなる。

今、追加投資するときは、含み益が〇%なってからというルールを決めているから、じゃんじゃん有り金を使ってしまう、ということは無い。

まだ現金は100万円くらい残っている。

100万円残っててもったいない!といいう感情は無い。

上がった時の最大リターンは逃すのはしょうがない。

いつもの言葉を使うなら「今フルポジしても、フルポジしなくてもとおい未来からしたら誤差の範囲」ちゅうことや。

フルポジでうまくいくこともあるだろうし、逆に損することだってあるし、平均すれば、きっと同じくらいのリターンになるんでは?

と、無理やり思うようにしている。


キャッシュは残っているが暴落時にはどうする?

ピラミッディングのルールは決めているが、暴落時にどうするかは決めてない。

ぱっと思いつくのは、SPXLを逆張りしようか、ちゅうこと。

あるいは個別株を買うか。

個別株はピラミッディングするのに、下がっても買うの?

これが矛盾してて難しい。

逆張りするとしても小型のハイグロはとてもじゃないが、怖くて買えん。

そのまま紙くずになったり、再浮上しないんじゃないか?と思ってまう。

大型のアップルとかなら、安心して逆張りできる。

ただどれくらい下がったらエントリーするかってのは難しい問題やな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です