まだまだ元気です

最近はハイグロの下落が続いてました。

元気ですよ、めげてないよ

記事の更新もしなくなって、あいつは直撃を受けて退場したんか!?なんて思っていた人もいるかもしれませんが私は元気です。

仕事が忙しいくて、かつ銘柄分析に時間がかかり、なかなか記事を書く時間がとれません(言い訳)

ハイグロだけでみればどの銘柄も20~30%の下落をしてますが、私のポートフォリオはハイグロだけではないので、10%くらいの下落で済んでいます。

これからどうしよう?

とはいっても、ちゃんとこれからのことを考えないとリターンは得られません。

ハイグロ株価が手放しで上昇する時代は終わったと思って構えていた方がいいです。

でもやっぱりハイテク&ハイグロなんですよね

性格上バリュー株に投資する気も起きないのでハイグロから撤退するつもりもありません。

こればっかりは性格の問題なので・・・ハイグロ&ハイテクで頑張りたいと思います。

でもハイグロの割合が高いのは間違いないので割合を減らそうと思って現金化を勧めました。

そして悩んだ上で、大型ハイテク株&中国ETFに投資することにしました。

AAPL

ということで、大型ハイテクで目を付けたのが、AAPLです。

GOOGとも迷いましたが、AAPLにしました。

私は2008年にアイフォンが日本で発売されたときから使ってます。

ということは13年近く使っていることになりますね。

一度もアンドロイドに変えようとは思わなかったですね。

アップルは凄まじいブランドがあると思います。

アップルウォッチもバカ売れですね。

職場でつけている人が激増しています。

私も欲しいです。

御年90歳のバフェットさんも絶賛してますしね。

これからも自動運転等何かやってくれそうです。

何かやってくれそうというえばグーグルだってそうですケドね。

YouTubeもこれから増々伸びるでしょうし。

当面はアップルを買おうかと。

CXSE

そして中国ETFのCXSEです。結局ハイテクはハイテクなんですよね。

先日までBABAに投資していましたが、単独の中国企業に投資するのは怖くなりました。

でもこれからの中国のハイテク企業の伸びを考えると、黙ってみておくわけにはいかないな、と。

CXSEならアリババ、テンセント、バイドゥ、JD、中国平安保険といった有名度ことにまるっと投資できます。

このETFは国営企業を除いてくれるらしいので、素晴らしい。

方針は固まった

上記2銘柄を追加することで、ポートフォリオのボラリティを下げれると思います。

現在のセクター別割合

アマゾン、マイクロソフト、アップルの御三家レジェンド銘柄中国ETFで成長かつ安定を求めます。

これらは今回のように下げても安心してナンピンできます。

超大型+中国ETF+現金でポートフォリオの50~60%

のこりの40~50%でハイグロを運用していきます。

ハイグロA、Bの違いは投資金額の多寡です。

Bは10万以下です。

ハイグロBもポートフォリオに占める割合は僅かですので、もっと下げたら少しずつ打診買いを継続していきたいと思っています。

先週もスケベ心出してZMやその他銘柄を少し買い増ししたりしましたが、見事に焼かれましたw

株式ポートフォリオ
その他内訳

下がれば少しずつナンピン、上がれば嬉しい。

来週の相場はどっちでもええぞ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です