フラット35は神商品

フラット35は神のような商品です。

その名の通り、35年間金利がフラット(一定)なのです。

35年の歳月の間には様々なことがあるでしょう。

戦争があるかもしれないし、ハイパーインフレが起きるかもしれないし、超絶円安になるかもしれない。

金利が大幅に上昇するかもしれません。

マイナス金利なんて言われてる中で、今より金利が下がるとは考えにくいです。

金利に関しては後は上がるしかないと思います。

35年の間にどれくらい上がるかは分かりません。

この「どれだけ上がるか分からない」ということがリスクなのです。

仮に金利が上昇しても、ローンの金利は変わらないので、貸し手側が被害を被ります。

インフレが起きれば借金は実質減少します。

例えば二倍のインフレが起きたとして、給料は二倍になりますが、固定金利のおかげで借金の総返済額は変わらないので、借金は実質半分になります。

このリスクを住宅金融支援機構が負ってくれています。

f:id:o_omary:20190318220424p:plain

住宅ローンのように数十年借りる場合、変動と固定で選ぶなら、私は絶対固定金利がいいと思います。

現時点では変動は固定より金利は安いが、将来金利は上がって逆転すると確信しています。

逆に万が一低金利になればどうかって?低金利で借り換えればいいだけのことですよ。

もしフラット50とかあれば絶対それにしますね。できるだけ長く借りて、日々の返済額を少額にして、手元に資産を残し運用する。

借金の怖いところは、複利で借金が膨らんでいくことですが、資産もそれ以上の複利で増やしていけば問題ありません。  

私は約1%固定で借りています。

米国株ならば1%を上回るリターンを得ることは容易にできます。  

フラット35って凄いです。お勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です