マイクロソフトの実質配当利回りを計算してみた

現在マイクロソフトの配当利回りは1%以下。

でもそれは株価上昇してるから、利回りは低くなってもしょうがない。

配当自体は増配を続けている。

毎年10%近く増配してる。

これは凄いことよ?

以前は連続増配銘柄投資してたから毎年10%増配することがどれだけ凄いことかはわかる。

マイクロソフトはずっと前から持ってる銘柄だから、取得株価から計算した配当利回りがどうなってるのか計算してみようと思った。

連続増配銘柄投資をするときの楽しみは、どんどん配当金額が大きくなって、取得株価からみたら鼻血が出そうな利回りになること

結局グロース株投資に切り替えて配当は全然気にしなくなったけど。

まぁ話を戻して計算結果を記載する。

平均取得単価 132ドル

年配当金 2.24ドル

実質配当利回り 1.6%

なんでやねん。思ったよりも低かったわ。

途中で追加投資してたから、平均取得株価が高くなってもうたのか。

もっと2%以上あると思ってんけどな。

まあマイクロソフトはこれ以上追加投資する気はないから、後2年くらいほっておけば2%は超えるな。

増配率10%で変わらなかったとして、後10年ほっておけばおけば4.4%にもなる!

アップルも同様に高配当銘柄になる。

アマゾンも、グーグルもいずれは配当を出す。

まあキャピタルゲイン目当てだから配当はおまけのおまけだけどな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です