学歴は必要

年収チャンネルをひたすら見まくっています。

これを見てて感じるのは学歴って必要ってことです。

学歴が高い方が、給料が高い企業に行ける確率が高いです。

企業の採用担当者も志望者にべったり張り付いて、その人の人となりを観察して表の顔、裏の顔を知り尽くせば、採用したはいいが、「思ってた人と違う!」なんてミスマッチはなくなるはずです。

ただそれは不可能な話です。

日本の労働者はまだ守られていますから、「こいつはとらなきゃ良かった」と後悔しても、そう簡単にはくびにはできません。

企業も採用にかけられる予算、時間は限られていますから、志望者のごく一部の面をみて採用不採用を判断しないといけません。

とすると、学歴である程度判断することは当然だと思います。

偏差値が高ければ高いほど、その大学生の能力は高いと推定されます。

当然高校の時に人より頑張ってきて、いい大学に進学したわけですから、偏差値の高い大学の学生は努力することができる企業に入っても努力して企業のために利益をもたらしてくれると判断することができるわけです。

その最たるものが東大生で、日本最高の大学に行くことができる頭脳を持っているわけです。

まぐれで行けるところではありません。

他の人よりも計画をしっかりたてて、東大入学という目標に向かって努力してきた人たちです。

ですから、企業側からすれば、「名も知らない大学の学生と、東大生どっちを採用するか」となったらよほど人間性に問題がなければ東大生一択です。

誰だってそう判断するだろうよ

年収チャンネルの株本さんは言っています。

以下意訳。

東大に行った人はそれまで他人より努力をしてきた。

それは大学を卒業したって変わらない。

低学歴の人は、受験という競争で一度負けている。

東大卒生と低学歴の人が社会に出て競争したって東大生が勝つに決まってる。

低学歴の人は一度負けてるということを自覚しないといけない

だから同じ努力をしても東大生に追いつくことはない。

というかそもそも低学歴が「努力した」と思っているのは、東大生にとっては努力とは言えない程度の代物かも。

だから死ぬ気で努力しないで、東大卒の人と同じ年収を得ようとしてもそれは無理。

東大卒はリスクをとらずに高収入を得られる。

対して低学歴は高収入を得るためにはリスクを取らないと行けない。

な感じのことをいっているわけです。

なるほど。納得。

偏差値が全てではないですが、ないよりあった方がいいに決まってます。

東大生は勉強ができるのもそうですが、自頭がいいと思います。

自分で考えて行動する思考力が高いので、それは結局全ての生活に役立ちます。

東大最強です。(日本国内の話)

そうだ、東大へ行こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です