完全アーリーリタイアはしない(てか不能)

昨今アーリーリタイアやFIREという言葉が流行ってる。

少なくとも資産運用をしている方は、資産を増やして不労所得を得たいと考えているのだから、アーリーリタイアというのは常に念頭にあるはず。

かくいう私もアーリーリタイアは考えたことはあるが、完全なアーリーリタイアをしたい!とまでは思ってないし、そもそも実現可能性も低い。

①アーリーリタイアのために必要な資産規模がでかすぎる

子どもが独立して夫婦二人になったとしても、我が家の場合、住宅ローン等を含め、低めに見積もっても年間の出費は470万程かかる。

これを不労所得で補おうと考えると、約2億必要になる(配当利回り3%、税金考慮)

いや、さすがに無理やろ。

②人生にはメリハリが必要

毎日働いた上で休みが来るからこそ、その休みがうれしく思うわけで、リタイアして毎日が休みだったら休みのありがたみが無くなってしまう。

はい、気持ち悪いくらいの社畜発言

きもっ

会社に飼い慣らされている証拠笑

哲学的な話になりが、辛いこと、楽しいこと、山があって谷があるからこそ人生は楽しいのではない?

例えば好きな野球チームがペナントレースを全勝優勝したとする。

好きなチームが優勝するのは嬉しいけど、全く面白くない。

漫画キングダム主人公の信が、すべての戦いで相手の将軍を一太刀で沈め、難なく大将軍になったらそんな話は面白い?

障害があるからこそ、それを乗り越える喜びは大きい。

③社会から隔離されるのは辛い

仕事をしていないと家族くらいしか関わる人がいない。

会社勤めをしているころに比べると圧倒的に社会との関わり合いが無くなる。

今の仕事ははっきりいってきつい。今すぐ辞めたいとまでは思わないけど、定年まで続けるのは辛いなあと感じる。

そんな仕事だけど、それでも仕事をすることで社会に貢献して、自分の存在意義が感じられたのに、仕事を辞めるとそれが無くなってしまう。

社会と断絶していると自分の存在意義を見失う。

仕事をしているから社会と繋がっている安心感はある。

以上のことから今のところはアーリーリタイアをする意思も能力もない。

これらの問題を一気に解決する方法は給料を安くてもストレスが軽減される仕事をして、不労所得とあわせることでセミリタイアするという考え方。

仕事をするので、資産規模も少なくて済む。

そして仕事をしているので、メリハリがある生活を送れる。

社会から隔離されていない。

じゃあ試算してみよう。仕事で200万稼げば、270万を不労所得で・・・

ってそれでも1億ちょっと必要やないかい!やっぱ50歳までに1億まで増やすのはちと厳しいな。

1億まで貯めた時に65歳なんてなってたら、アーリーリタイアじゃなくて普通のリタイアだし。

考え方を変える。

地道に今の仕事を頑張ればある程度資産も増えていくだしょ。

資産があれば、最悪仕事やめても何とかなる、と精神的に楽になる。

精神的に楽になれば仕事も続けられるかもしれない。

だから早く資産が増えてくれ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です