小型グロース株への資金投入の仕方

私はグロース株投資をしており、順張り投資家です。

伸びる企業にどんどん追加投資しています。

それは小型であろうと、大型であろうと変わりません。

上昇相場では

まず過去一ヶ月の株価の伸びを見ます。

自分の保有銘柄+ウォッチ銘柄の中で一番伸び率が良い銘柄が投資対象になります。

一ヶ月の間右肩上がりのチャートが掲載されているのが理想です。

一ヶ月の期間を確認すれば現在のトレンド、勢いは分かります。

一ヶ月間伸びていれば、今後もそのまま伸びてくれると考えます。

ただし、直近1週間で毎日のように下げていたとします。

トータルの伸び率が良かったとしても、最初の3週間で上げ、最後の1週間で下げている場合は投資悩みます。

上昇していたトレンドが変わって、今後下がり続ける可能性があるからです。

であれば必ずしも1番の伸び率の銘柄にこだわらず、一ヶ月の上昇率2位の銘柄を投資対象として、同様のチェックを行い、投資可能と判断したら投資します。

私が大事にしてるのは勢いです。モメンタムです。

テクニカル指標ではなく、感覚の話です。

一番上昇率の良い銘柄が次の一ヶ月も株価の伸びが良いと判断します。

アマゾン、最近のアップル、テスラのように、「おいおい、上げすぎっしょ。今から乗っても振り落とされるだけでしょ。」という銘柄でも、勢いに乗っかればその恩恵を受けられました。

勢いのある銘柄は一定期間そのトレンドは継続します。

自分が投資してもいいと思っている銘柄で、勢いが確認できれば高値掴みを恐れずどんどん追加投資をして上昇相場に乗れば良いのです。

ガンガン行こうぜ

最高値をどんどん更新して株価が上昇すると信じているからグロース株に投資するのですから、グロース株投資家は高値掴みを気にしてはいけません。

勢いがある瞬間に追加投資するのがベストなのです。

仮に一ヶ月間の上昇率が1番の銘柄でも1、2%程度の上昇であれば、勢いがあるとは見なせませんので追加投資は見送ります。

具体的に何パーセント以上成長すれば投資適格かは明言できませんが。

1、2%程度なら、株価変動の誤差の範囲であり、上昇ではなくヨコヨコ相場であると判断して投資を見送ります。

ヨコヨコ又は下落相場では

私の投資法であれば。逆に勢いがない銘柄を避けることができます。

株価がヨコヨコ、あるいは下落しているときは当然投資対象はありません。

下落相場の時は全銘柄がマイナス成長な時もあるでしょう。

そんな時はこれからも下がる可能性の方が高いので、投資はしません。

キャッシュを貯めておきます。

そしていつかは底打ちし、上昇相場が始まるでしょう。

そこでエントリーすればいいのです。

底打ちすれば上昇相場となり、今まで説明したチェックにより投資対象を決定します。

騙しの底で、2番底もあると思います。

それはそれで素直に騙されたと思って諦めます

未来はわからないからです。

逆にコロナショックの時のように2番底がない場合もあるので、2番底を警戒していたら投資機会を失います

もし底だと思ってエントリーして、騙されても、平均取得額が下げれるのでラッキーと考えましょう。

以上のように私のやり方であれば、上昇相場で素直に付いていって、ヨコヨコ相場、下落相場ではキャッシュを貯め、反転した時に底値で買う、ということができます。

グロース株でももちろん株価が上がらず低迷する時期もあります。

そんなときはその銘柄はほっておいて、伸びている銘柄に投資するんです。

株価が低迷している株と、上昇している株があるとします。

確かに低迷している安い間に仕込んで将来の上昇のアクセルにするという考え方もあると思います。

しかしその低迷がいつまで続くかわかりません。

それに低迷銘柄を買ったために、成長している銘柄には追加投資できず、成長株はどんどん株価が高くなってしまいます。

あわわ・・

そうなると私は機会損失と捉えます。ここは個人の性格によるものです。

いつ上昇するか先行き不透明な停滞銘柄を避け、株価成長という目に見える結果が出ている銘柄に投資する方がしっくりきます。

順張りでっせ

小型ハイテクグロース株

そして、小型グロース株の場合はさらに足が速いので、1週間ごとに株価推移を見て、納得できれば細かく追加投資していくことにしています。

一ヶ月が1週間になっただけで、基本的なチェックの方法は変わりません。

いくら自分が信じた銘柄でも下げ続けている時に逆張りで資金を投入し続けて、もし倒産!ということになったら目も当てられません。

B太郎氏の無限ナンピン戦略も良い戦略だと思いますが、万が一その銘柄がダメになったら、それまでナンピンした資金が無駄になるので、一定のリスクはあります。

私はそれが怖いので、反転を確認してから買い増しします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です