小型ハイテクグロースは怖くない

今の株価の乱高下も誤差の範囲

小型ハイテクにどんなイメージ持ちますか?

株価が山あり谷ありジェットコースターを想像しますか?

確かにその通りだと思います。

しかしですよ、アマゾンの長期チャートを見てください。

今でこそ株価はロケットのように垂直に伸びてますが、チャートの左半分は平坦ですよね。

いつ買おうが誤差だと思いませんか?

もちろん、今の最高値を含む株価チャートで見てるから平たく見えるわけで、当時のチャートで見ればジェットコースターのような動きをしてるのだと思います。

まるで今現在の小型ハイテクグロース株のように。

しかし超長期チャートで見れば、あるいは遠い未来から見れば、今の乱高下なんて平坦に見えてしまうくらい些細な出来事なのです。

短期的な目線で見た場合、確かに乱高下を繰り返す銘柄に投資するのは怖いです。

暴落するかも、今のうちに売らなきゃ!!いや、ホールドした方がいいのか?なんて毎日脳に汗をかきながら考えるのは精神的に疲れますから。

かなり利益のったから売りだな

何ゆーてんねん。まだ伸びるからホールドやろ。

いや、売り売り!絶対後悔するぞ?

なんて自分の中のリトルおまりぃが言い合いになって、疲れてしまいます。

大事なのは未来を考えること

そうではなくて、長期投資家なら、超長期チャートを意識するべきです。

私は例え小型グロースが短期間保有して倍になったからといって利確しようなんて考えてません。

ずっと持ち続けて10倍、100倍を目指します。

その会社に重大な欠陥が見つかって、保有するに相応しくないと判断すれば売却する可能性はありますが、基本は超長期ガチホです。

繰り返しますが私の頭の中にあるのはアマゾンの長期チャートです。

右側はロケットが打ち上がり、対して左半分は超低空飛行です。

今の小型ハイテクグロース株はアマゾンの長期チャートで言う左半分のとこにいるので、変動が大きいように見えて、未来から振り返れば低空飛行中なのです。

そのうちロケットのように打ち上がるので、いつ買っても誤差の範囲内ですし、日々の変動はノイズに過ぎません。

20年後、30年後には今のアマゾンのように爆益が出てるはず。

なので投資するのは怖くないです。

おらわくわくすっぞ

もちろんあてが外れる可能性はありますが、私は現在投資している小型トリオは伸びていく可能性が高いと思ってます。

「小型」というのが最大の武器

アップルは時価総額が200兆円もあるんですよね。

単純に考えて、アップルの株が倍になるには、新規で200兆円の資金流入が必要なんですよ。

逆に考えて時価総額1000億円の会社だったら倍になるのに1000億円ですむわけです。

つまり伸び代が凄い+伸びるスピードが早いってことです。

これが小型株の魅力ですね。

でも100兆円だったアップルがまさかの2倍になったんですよね。

異常。

FSLYなんて時価総額1兆円ないですからね。

FSTYは時価総額10兆円企業になるイメージができます。

そうすると今の株価から10倍です。

そんな未来が見えます。

~続く~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です