投資を教えてあげた対価は○○苑

最近職場で投資をしている人がちらほら発覚しているという話をした。

中には草コインを少しだけかって何十倍にもして結婚式の費用にしたって人の話も聞いたことある。

たまに投資の話をすることのある仲間のうちの一人は米国株、日本株の他にもアルトコインも持っていて、ファイルコイン(?)のマイニング(?)をやっている。いや、マイニングに投資をしてうまくマイニングができたら成功報酬としていくらかもらえるってことかな?

何にせよ詳細には分からない。最低保証額はあるらしいが、なんだか胡散臭くておまりぃはそういうものには首を突っ込まないようにしている。

まあそんな仲間がいるんだが、その人のことを健さん(仮名)と呼ぶ。

健さんは結構ガンガン話をする人で、結構自分の投資法を押し付けてくる人。

おまりぃは米国株と、メジャーな仮想通貨にしか投資しないって決めてるから、健さんが「あの銘柄もいいよ、この方法もいいよ」って言ってきて、いちいち「結構です」って断るのにも気を遣うんだが、まあとにかくぐいぐい来る人で。

あるとき健さんは他の職場仲間の亮さん(仮名)に、いきなり、「投資やってる?やってない?やった方がいいよ」っていきなり勧誘を始めた。

おまりぃは仲のいい人でもよっぱど自然に投資の話にならない限りは、投資の話なんて自分から切り出さないので、

脈絡もなく健さんのように投資話をぶっこんでいけるパワーは凄いと思ったわ。

結局おまりぃも健さんに良い感じの合いの手を入れて、亮さんへの投資の説明を手伝うことになったわけ。

(例えばおまりぃが複利の図をエクセルで作って、いかに投資が優れているかを説明をした。仕事中だったけど・・・w)

おまりぃの援護射撃のかいもあって、亮さんは投資に目覚めてさっそくiDeCoと積立NISAを始めた。

「投資を教えてくれてありがとう、目が覚めた」っちゅうてな。

これでまた一人の人生が豊かになる手伝いができたわけだが、それは健さんのアグレッシブな性格のおかげですごいなぁと思ったわ。


以前おまりぃが米国株の世界に引きずり込んだ仲が良い同僚の孫君(仮名)は、順調に資産が増えているらしい。

感謝してくれている。

私は日ごろ孫君に会うたびに「投資を教えてあげたから30万ちょーだい。今払わなければ一年ごとにSP500の平均利回りである7%の利子をつけて払ってもらうで。30年後にはとんでもない金額なるから、元本が少ない今のうちに払っとくのが得やで。米国株をやってる孫君なら複利の怖さはわかるやんな?笑」

といって脅していますが、なかなか支払ってくれません。

ちなみに私がもし逆の立場だったら全然払いますけどね。

投資を知るのと知らないのとじゃ天国と地獄よ。

30万なんてお金は投資すれば元が取れんで。

そこらへんの変なセミナーいくよりかはよっぽど人生のためになる。

30万て安いもんや

って思うねんけどなw

まあそれで孫君はなかなか支払ってくれないもんで

しゃーないんで「叙々苑奢って」、って言ったら「しゃーないですね、コロナが明けたらいいですよ」って返事がもらえた。

わかっとるやないけぇ。「とりあえず食べ放題なw」「え?天下の叙々苑さんに食べ放題メニューなんてないでしょwまじで言ってんすか?」ってことで叙々苑食べ放題にすることにしました。

まあどんだけ食べても30万はいかんやろ。てかもう30代になって肉はそんな食えへんくなったんで、数万ですむやろ、叙々苑行ったことないから相場を知らんけど。

投資に目覚めさせたら叙々苑食べ放題・・・。

どう思う?妥当やろ?むしろ安すぎるか

30年堅実に投資し続けたら、してないのに比べて数千万は違ってくると思うしな。ほんまに。

これからもいろんな人勧誘し続けようっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です