車買替奮闘記②

車を買うにもまずは相手を知るべし。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず。

ということで、狙うはミドルミニバン「ノア、ヴォクシー、セレナ」です。

エスクァイア、ステップワゴンは嫁が好きではないとのことで除外。

まずはセレナの販売店に行きました。

ディーラーに行くとお茶もお菓子も出てくるので最高ですね!

サービスの分価格に転嫁させれてまっせ

子ども用の遊ぶスペースもあって娘もご機嫌です。

落ち着いて話ができます。

セレナは何と言ってもプロパイロット

前車に追従し、ハンドルに触っていれば、自動操作も行ってくれます。

高速道路を走るときはかなり運転が楽になります。

技術のニッサン、やっちゃえニッサン、やっちゃったなニッサンですが、ここまでの自動運転を搭載している車はトヨタにはありません。

※追記  最近ホンダがレベル3の自動運転車を発表しましたね。

また、バックドアの開き方が2パターンあります。

通常通り全部開くパターンと、ガラス部分だけ開くパターン。

このガラス部分だけ開くパターンが画期的で、コンパクトに開けるので、駐車場で後ろが詰まってる場合でも開けることができますし、通常より、軽い力で開けることができます。

f:id:o_omary:20190130205224p:plain

試乗したところ、ハンドル操作も軽い。

信号停止でブレーキ踏んだら、足を話してもブレーキを固定してくれる機能もあります。

さらに足をスライドドアの下部に差し入れるだけで、スライドドアの開閉ができちゃいます。

f:id:o_omary:20190130204852p:plain

色々評価できるポイントがありますね、セレナは。

やりおる

担当の営業マンもいい人です。

eパワーといって電動のタイプがあります。

ハイブリットとも完全な電気自動車とも違います。

ハイブリットはエンジンとモーターと両方で走り、電気自動車は電池に蓄電された電気を使って走ります。

eパワーの車はガソリンて発電機を動かし、その電気でモーターを稼働させ走ります。

エンジンはありますが、車輪を動かすためではなく、発電するためだけにあるのです。

まぁ何れにせよただのガソリン車よりは燃費はいいとのことです。

しかしおまりぃ家は年間7000キロ程しか走らないので、eパワーを買っても値段分は回収できないと判断しました。

値段はプラス30万円くらいです。

もちろん、将来下取りに出すときにその分高く売れるので損はないとネットには書いてありましたが、現段階の支出を抑えるためにもガソリン車を検討します。

将来売ることも考え、人気色の黒か白を検討しましたが、色は汚れが比較的目立ちにくい白を選択。

ハイウェイスターで、後席モニターを付け、見積書を取ってもらったところ、なんと400万円!!

がちょ~~ん

高し!!

営業マンは車の下取りは10万で、さらに40万値引きして350万にしますよとのこと。

それでも高い。

とりあえずノア、ヴォクシーを見てないので、その日は帰宅。

改めて新車の高さにびっくりするおまりぃでありました。

〜続く〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です