風林火山

風林火山ってブログタイトルは良く見る気がする。気のせい?

株に対する姿勢に対する格言として利用されている。

戦国時代の武田家が使っていた?(諸説あり)戦における行動指針である。

私も戦国もの好きなので・・・。

小学生のころ天下統一っていうパソコンのゲームで遊んだり、コーエーの誓いの三矢で遊んだことがきっかけで、戦国物歴史物が好きになったな。

天下統一では謙信と信玄が異様に強かったw

あと鉄砲の島津も強かった。

飛び道具で相手を削れるなんてチートやんっておもったな。

小学生の時の図画工作で、画用紙一杯に信玄の顔と、その横に風林火山の旗指物を書いた記憶がある。

しぶすぎるでおまりぃ。

まあ風林火山については表面的な事しかしらないが、一般的に言われていることは

①疾(はや)きこと風の如く   動くときは素早く動け

②徐(しず)かなること林の如く 相手に気配を悟られないように静かに

③侵掠(しんりゃく)すること火の如く 火のように激しく攻めろ

④動かざること山の如し 山のようにどっしり構える

株式にも当てはまる。

というか②④が重要よ。

おまりいは基本はガチホするタイプの人やから、どれだけ下がってもじたばたせずに我慢する。(=山のようにどっしり構えて静かにしておく)

一方ハイグロも持ってる。

こいつらの場合は山のように動かなかったら死んでしまうので、

①③が重要。

ガーンと下がり始めたら素早く動いて損切りをし、逆に勢いついて株価が上がるなら火のように攻め立てる。

さすが信玄。素晴らしい格言や。

これからも風林火山の精神でやったるぞ。

一つだけ選ぶならやっぱり動かざること山の如しやな。

これを心に刻んで頑張ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です