TECL構造改革

いつものTECLのお悩み相談です。

タイミング測るのが超絶ムズイんですけど~

どうすればいいっすか~?

TECLを3軍に分けて、自由に売買する40万の遊撃部隊を創設しましたが、遊撃部隊の運用が難しいことが分かりました。

端的に言えば、「いつ突撃命令を下せばらいいかわからない。」です。

これから上げるのか、下がるのか一寸先は闇状態です。

KICK THE CAN CREWの「マルシェ」が脳内を流れます。

♬上がってんの?下がってんの?皆はっきり言っとけ♬「わかんねー!!」

考えるのが疲れます。

超高速で回っている大縄跳びに入るタイミングをずっと計っているよう(我ながらいい例え)で、目が回ります。気疲れしました。

マジむじー

相場を眺めてるだけ・・・

投資を楽しもう♪なんて言いましたが、全く楽しめない笑

考え方を変えて思い切って構造改革をします。

ことTECLに関しては70%下がることもあるから、いくらガチホしててもその含み益は・・・

まぼろしぃーー!!!

ガチホして株価がどんだけ上がってもいつかは7割持ってかれるという恐怖感というか残念感が拭えません。

TECLは利確しないと含み益は本当に幻となってしまいます。

例えばTECLが今の三倍、つまり頑張って1000ドルに到達しても、300ドルまで暴落する可能性があります。※コロナショック参照。

どうにもこうにもコロナショックが焼き付いて離れません。

私は狼狽売りせずに、ガチホして、すぐに株価は戻ったので、損はなかったですケド、次の時にすぐ戻るという保証はありません。

一部をガチホしてずっと相場にはりついて、小賢しく売買して利益を上げようと欲豚なことを考えているからいけないのです。

構造改革ではなくて大革命を起こします。

=TECLをいったん解消して、現金100万に戻します。

スッキリさせます。疲れるのでちょこまかと売買はしません。ヒットではなくどストライクをホームランにします。

思い切ったのー

キャッシュ比率を100%にして、暴落を待ちます。

暴落してエントリーすれば、あとは反発するだけので勝率は高いです。

暴落した時にキャッシュをぶち込み太郎するのです。

コロナショックのように70%の暴落を待つことができれば、勝率は90%はあるでしょう。

が、しかし。

70%の暴落なんて10年間は来ないかもしれません。

30%の暴落でさえ頻繁には来ません。

ですから段階的に資金を投入しようかと。

ざっくり考えているのは

直近高値-30%で資金20%を投入します。

-30%を皮切りに、以後-10%毎に資金の20%を投入していって、-70%になったら資金を100%使い切るという計算です。

んじゃ、売りはどうすんだ?

そこなんですよね。買いも難しいですが、売りはもっと難しいですね。

どれくらい値を戻したら売るのか。

すぐには答えが出ないので、考えておきます。

等と考え、TECLを売却したのが10月14日の夜でした。

そして10月15日の夜にFSLYが大暴落。

小型グロースの激しさを目の当たりにしました。

大中小ハイテク株にほぼフルインベストしているので、TECLを現金化しておくのはいい戦術なのではないかと思いました。

もし、ハイテクが暴落すれば、TECLはもっと暴落するので、現金比率100%で持っておけば、暴落後のTECLをお安く買えるわけです。

リスクヘッジです。

今回の暴落でFSLYが中小型3位に後退しました。

今回から現金比率も入れることにしました。

TECLを現金にしたことで、ハイテク暴落に一矢報いることができます。

現金1.2に関しては継続して追加投資資金に使っていくつもりです。中小型フルスイングです。

基本現金は残したくなくて、フルスイング派なのですが、奇しくも今回のFSLY暴落が、TECL100%現金化戦術を腹落ちさせてくれました。

さあ暴落よ来るなら来い、100万の軍勢を伏兵として伏せておいたぞ。

返り討ちにしてくれる!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です